航空機搭乗前の保安検査強化 2019年9月13日から

本日、2019年9月13日より航空機搭乗前の保安検査が強化されました。

ラグビーワールドカップ2019日本大会や、来年2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、テロ対策の一環として航空機搭乗前の保安検査を強化、とのことですが、強化される保安検査については期間限定ではなく、恒久的措置となっています。

期間:2019年9月13日(金)より恒久的に強化

1.上着検査の強化

これまでの国際線に加えて国内線上着のX線検査が行われるようになります。

上着検査

保安検査の際は、上着を脱いでトレーに入れて検査をします。

 

2.靴検査の強化

国際線・国内線ともに靴のX線検査を行います。

靴検査

ただし、すべての靴ではなく「安全靴、厚底靴、ブーツ、くるぶしを覆う靴等」と表記されています。

対象となる靴を履いていた場合は、靴を脱いでトレーに入れ、X線検査を受けます。

 

3.爆発物等の検査強化

凶器や爆発物の検査が強化されます。無作為にカラダに触れて行う検査に加えて、検査紙でカラダに触れて行う検査も実施されるそうです。

過去にこれにあたる検査を受けたことがあります。

おとなのWDW 2018アイキャッチ 搭乗券に【SSSS】がついていたら・・・ Secondary Security Screening Selection とは

これまではアメリカへ行く場合が対象となっていましたが、これからはすべての乗客が対象ということになるのですね。

 

客室内へのドローン持ち込み禁止(期間限定措置)

また、2019年9月13日~11月5日の期間は、客室内へのドローンの持ち込みが禁止となります。

9月20日~11月2日のラグビーワールドカップ2019日本大会期間に合わせての規制とのことです。

 

保安検査時に迷ういろいろ

変更ではありませんが、周知ポスターに記載されていたもの等について、書き留めておこうと思います。

所持品検査

ポケットの中のものは取り出してトレーへ

 

PC・スマホ

パソコンやスマートフォン、フィーチャーフォン、モバイルバッテリーはカバンから出してトレーへ入れて検査を受けます。

 

液体物(国際線)

液体物は国際線と国内線でルールが違います。

国際線では基本ペットボトル等の100mlを超える飲料は持ち込むことができません。飲み物を機内へ持ち込みたい場合は、保安検査通過後に売店等で購入して搭乗します。

 

液体物(国内線)

国内線では液体物は保安検査を行えば機内持ち込みすることができます。

X線検査をした後に、液体物を確認する機械でさらにチェックをします。

 

保安検査周知資料

 

国土交通省サイトより

 

日本は海外に比べて比較的保安検査が緩やかだなぁ、と思っていましたが、世界基準になってきたということでしょうか。

検査の強化に伴い、保安検査が混雑する可能性がありますので、空港には余裕を持って出かけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください