機内に持ち込む荷物のルール 【国際線】

機内に持ち込む荷物にはルールがあります。当日慌てないように事前に確認しておきましょう。

旅行カバン

機内持ち込み可能な荷物

荷物の個数

 

※身の回り品の他1個まで。(身の回り品=ハンドバッグ等)

荷物のサイズ

キャスター・ハンドル等も含めた

3辺の合計の和が115㎝以内

且つ各辺の長さが55㎝×40㎝×25㎝以内

※客室内の収納棚または前の座席下に収納できるもの

荷物の重さ

 10㎏以内(身の回り品も含めて10㎏以内)

 

液体物の機内持ち込み

100ml(g)を超える容器に入った液体物は機内への持ち込みが禁止です。

以下の場合は持ち込み可能

100ml(g)以下の容器に入った液体物を

1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック製袋に入れた場合

透明プラスチック製袋とはジップロックのようなものです。

透明プラスチック製袋は1人につき1つのみ

サイズの目安は縦20㎝以下×横20㎝以下(縦横の合計が40㎝以内)

液体物制限

マチ付きのものは1リットルを超えてしまうので使用はできないそうです。

100ml以下の容器に入っていても、透明プラスチック製袋に入っていないものは持ち込みができません。

空港で透明プラスチック製袋を取り扱っているお店があるようですので、万が一忘れてしまった場合は空港で購入可能です。

液体物については、液体だけでなくジェルやクリーム、歯磨き粉、瓶詰や缶詰、ヨーグルト、ゼリー等も液体物として取り扱われるそうです。

 

透明プラスチック製袋は保安検査時に手荷物から出して、トレーに載せて検査をしてもらいます。

 

出国手続き後に購入した液体物

出国手続き後に免税店等の店舗で購入した液体物は上記の制限にかかわらず機内へ持ち込み可能です。

 

その他

米国線では350ml(12oz)以上の粉類の機内持ち込みが禁止されている、等 行先によってルールが異なっている場合がありますので、渡航の際は確認を忘れずに。

 

液体物持ち込み制限国土交通省poster

国土交通省のサイトより

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください