ドイツ・オーストリアで使用したSIMカード2種( Wi-Ho! など )

海外旅行になくてはならないスマートフォン。今回はSIMカードを事前に購入して使用しました。

当初は夫のみSIMカードを購入すればいいかな、と思っていましたが、ネットで安いSIMカードを見つけたので私も試しに使ってみようと。それぞれ違うSIMカードを使用して、使い勝手などを比較してみました。

海外でスマホを使うには

docomoやauなどの大手の携帯会社のスマホの場合、海外でもスマホをそのまま使用することができます。料金は1日当たり1,000円ほど。以前に比べたら安くなりましたね。

1日1,000円くらいなら問題ない、面倒な手間は避けたい、機械の事はまったくわからない、という方は普段使用されているスマホをそのまま海外へお持ちになり、ご使用されるのがよいと思います。

では、何故、Wi-Fiをレンタルしたり、SIMカードを購入してスマホを使用するのでしょうか。

  • 海外で使用できないスマホを持っている(格安スマホなど)
  • 料金をもう少し抑えたい
皆さんそんなところでしょうか。

SIMカードは、ポケットWi-Fiのように持ち歩くことなく、一度取り替えてしまえばいつものようにスマホを使用できるため、とても便利です。一度SIMカードを使用してから、我が家はSIMカード派になりました。

ただ、SIMカードを購入して海外で使用するにはどのスマホでも大丈夫か、というとすべてのスマホが使用できる訳ではありません。実際、私のスマホはアメリカでは使用できません。

使用しているスマホが渡航先で使えるかどうかをまず確認する。この作業が必要になります。この手間が面倒だな、と思われる方もいらっしゃると思います。

ただ、一度確認してしまえばスマホの機種を買い替えない限り同様に使用することができますので、是非チャレンジしてみて下さいね。

1.SIMフリーの確認

海外でスマホを利用する際は、SIMフリーのスマホか、SIMロックを解除したスマホが必要です。

SIMロックがかかった状態ですと、購入した海外のSIMカードを入れても使用することはできません。

SIMロックがかかったスマホはショップに行くかwebサイトからSIMロック解除の手続きを行います。以前auで手続きした際は、webサイトから手続きをすると無料でした。店舗では手数料3,000円だったと記憶しています。

2.スマホの周波数帯を確認します。

インターネットの検索で『ご自分のスマホの機種名』+『周波数』と入力すると周波数帯が確認できると思います。因みに私のスマホはHuaweiP9liteですが、検索してみると

huaweip9liteスペック

このように出てきました。

SIMカードを購入

では、SIMカードを購入します。

  • 渡航先
  • 出かける日数
  • 容量
  • 値段
  • 通話の可否
  • テザリングの可否

以上がSIMカード購入の目安となります。『テザリング』とはSIMカードを差したスマホをWi-Fiルーターのように使って、複数台のスマホでインターネットに接続できるものです。

今回の我が家の希望は、

  • 渡航先 ドイツ・オーストリア
  • 出かける日数 9日間
  • 容量  5GBくらい?
  • 値段  安い方がよい
  • 通話の可否 
  • テザリングの可否 あればよい

このような感じです。

送料無料と到着が早いということで、SIMカードはいつもアマゾンで購入しています。

Amazonのサイトで上記に該当するSIMカードを検索したところ、いくつか候補があがり、今回その中から決めたのがこちらのSIMカード。

Wi-Ho! SIMカード


ヨーロッパ周遊 Wi-Ho!SIM 4G LTE プリペイド SIM カード 30日間 5GB データ通信専用 日本語マニュアル 24Hサポート 3in1 SIM

ワイホーのSIMカードです。ワイホーのWi-Fiは以前レンタルしたことがあること、日本の会社なのでなんとなく安心感があること。24時間日本語サポートデスクがあること。が決めてでした。現地で万が一使用できなかった場合に、日本語で対応していただけるのは心強いと思いました。

  • 渡航先      ドイツ・オーストリア→ヨーロッパ用
  • 出かける日数   9日間→30日間
  • 容量       5GBくらい?→5GB
  • 値段       安い方がよい→3,520円
  • 通話の可否    否→
  • テザリングの可否 あればよい→
だいたい我が家の条件に合っていました。

商品説明欄を確認し、周波数が合っていれば使用することができます。

ワイホーの周波数はこちらのように記載されていました。

ワイホー周波数

LTE:B1/B3/B8/B20/B38です。※印にとても安心できることが書かれていますが、念のため確認しましょう。

ヨーロッパ周遊プリペイドSIMカード

そして、もう一つ気になったSIMカードがこちら


【お急ぎ便】ヨーロッパ 周遊 プリペイド SIMカード 4G データ 通信 (小容量(1.5GBデータ通信+通話))

容量は小さいですが、値段に惹かれました。1,140円です。(先ほど確認したところ1,090円に値下げされていました。)

会社名がしっかり記載されておらず、ちょっと怪しい雰囲気はあるのですが…

着信無料、無料通話分30分の音声通話が使用できるとのことでした。

1,000円程度なら買ってもいいかな、と思い、私はこちらの1.5GBのSIMカードを使用してみることにしました。

Amazonの商品説明欄に記載されている対応周波数帯を調べて、自分のスマホと合うかを確認したところ、商品説明欄にはLTE Band 3/7/20との記載。そして使用しているスマホの周波数帯は

LTE BAND

LTE :B3とB7が入っているので大丈夫です。

 

夫は30日間5GBのWi-Ho!、私は15日間1.5GBのヨーロッパ周遊SIMを購入することにしました。

 

そして届いたSIMカードがこちら

1SIMカード2種

商品はすぐに到着。SIMカードは現地で差し込むよう記載されておりましたので、そのまま旅行カバンへ入れておきました。

右のヨーロッパSIMカード、ネットの画像とは明らかに違う商品でした。(笑)

 

SIMカードの差し替え

SIMカードの差し替えは、ミュンヘンへ向かう際の乗換地、ウィーン空港で行いました。

9SIM交換

Wi-Ho! SIMカード

2ワイホー

3ワイホー

SIMカードと共に、利用手順説明書が入っています。

4ワイホー

手順に従って操作するだけで無事開通。

SIMカードをスロットから取り出す際のピンも付属されていました

 

ヨーロッパ周遊プリペイドSIMカード

5中国SIM

こちらの商品は中国語ですね。

 

6中国SIM

このままでは解読不能です。でも、ご安心下さい。ちゃんと日本語の操作手順書がついています。

 

7中国SIM

32ヶ国対応だそうです。

 

8中国SIM

こちらも手順書に従って設定します。特に問題なく設定でき、すぐに開通しました。

こちらの商品は、SIMカードをスロットから取り出す際のピンは付属されていませんでした

Wi-Ho!のピンを使用して差し替えました。

 

これで2台とも無事開通です!

 

使用した結果

容量は足りた?

充分でした。

どちらかというと、夫のスマホを利用している方が多かったと思いますが、ふたりとも容量不足にはなりませんでした。

当初、私のスマホが容量不足になったら、夫のスマホとテザリングを行ってもよいかな、と思っていましたが、その必要はありませんでした。

主に観光地の検索、グーグルマップ、LINE、日本の情報を閲覧していました。容量を気にして使用を控えるということはしておりませんでした。動画を頻繁に見るタイプではありませんので、容量もあまり使わなかったのかな、と思います。

SIMカードでの通信量を抑えたい場合は、ホテル等では無料Wi-Fiにアクセスするという方法もあります。無料Wi-Fiはセキュリティの面では多少不安がありますので、アクセスされる際は、その点を理解した上で行って下さいね。

通信速度は?

概ね良好でした。たまに少し遅くなることもありましたが、私たちの行動には影響しませんでした。

多少の不自由も旅の楽しさと思ってのんびり構えています。若かりし頃のように調べる手段はガイドブックのみ、という時代を考えれば、知りたい情報がすぐに得られる現在はとてもありがたいことだと思っています。

2種のSIMに違いはあった?

一旦SIMカードをスマホに差し込んでしまえば、使い勝手に差はなかったように思います。片方が繋がってもう一方は繋がらない、ということもなかったような。

大差はなかったです。

ただ、安心を買うならば、Wi-Ho!の方でしょうか。万が一SIMカードが使えない、などということがあった際に、24時間日本語サポートデスクがあるのは便利です。今回はそのような事態にはなりませんでしたので、サポートデスクの対応等については未確認です。

SIMカードを利用する際の注意事項

差し替えたSIMカードの管理には注意が必要です。万が一紛失してしまうと、日本に帰ってきてからスマホが使用できなくなります。また、SIMカード差し替え時は落ち着いた場所で、できれば明るいところで行うとよいと思います。ただでさえ、小さなものが見えにくくなってくるお年頃です。機内などで交換して落としてしまったら、探すのが大変です。

SIMカードを差し替える際は、設定でデータローミングをONにします。日本に戻ってきてデータローミングONのまま使用する分には特に問題はないようですが、その後また海外へ行った時に、日本で使用しているSIMカードを差したままデータローミングONで使用してしまうと高額な通信料が請求される場合があるそうです。帰国後は、データローミングはOFFに戻しておくとよいと思います。

どのくらいの容量のSIMカードにしたらよいかわからない、という場合は、普段使われている契約を参考にして決められるとよいと思います。我が家の場合は、夫は7GB/月、私は3GB/月で契約しています。

 

SIMカードは一度設定してしまえば快適に使用できます。事前に購入できるので、混雑した空港での受け取りや返却もなく、時間も有効に活用できるのでおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください