シェーンブルン宮殿 【オーストリア】

シェーンブルン宮殿(世界遺産)

シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿はオーストリアの首都ウィーンにあります。

ハプスブルグ家の夏の離宮として使用され、広大な庭園や大きな温室のある植物園、世界最古の動物園など、すべての施設が世界文化遺産となっています。

 

ウィーン市街の南西に位置しています。

正門

シェーンブルン宮殿1

左右の柱の先端には金色の鷲。鷲は強さ、勇気、遠眼、不死などの象徴として使われるそうです。

宮殿

シェーンブルン宮殿2

宮殿正面

大変大きな宮殿です。宮殿の幅は約175mだそうです。宮殿全体を画角にいれるにはかなり下がって撮影しなければなりません。

 

シェーンブルン宮殿3

ウィーンへ訪れたなら、みなさん1度はシェーンブルン宮殿に足を運ぶことでしょう。この日も多くの観光客が訪れていました。

 

庭園

シェーンブルン宮殿4

宮殿ツアーの時間までゆっくりと庭園を回ります。南北に1km、東西に1.2kmのとても広大な庭園です。新緑がとてもきれいな季節でした。

ベビーカーでお散歩している親子や、緑の中を気持ちよさそうにジョギングをしている人など、地元の人達もこの庭園を楽しんでいる様子でした。

 

シェーンブルン宮殿5

こんな素敵な場所が日々のお散歩コースなんてとても羨ましいです。

 

ローマの廃墟

シェーンブルン宮殿17

こちらは実際の廃墟ではなく、そのように作られたものだそうです。

 

シェーンブルン宮殿6

庭園から宮殿を眺められる場所まできました。

 

ネプチューンの噴水と庭園から見る宮殿

シェーンブルン宮殿7

ネプチューンの噴水

庭園を挟んで宮殿と向かい合う形で噴水があります。

 

シェーンブルン宮殿8

噴水側から見た宮殿

 

シェーンブルン宮殿9

当時の人を想い、ゆっくり歩いていると、どこからか音楽が聞こえてくるような、そんな感じがしてしまいます。

 

シェーンブルン宮殿10

この距離で真正面に宮殿。遮るものが何もないです。広大な庭園はどこもとてもきれいに整備されています。

ハプスブルグ家の偉大さを感じずにはいられません。

 

グロリエッテ

シェーンブルン宮殿11

高台にはグロリエッテがあります。中央上にいるのは鷲だそうです。

この上の部分にも上ることができます。小さく人影が見えています。

 

シェーンブルン宮殿12-2

グロリエッテ前から臨むシェーンブルン宮殿

 

シェーンブルン宮殿13-1

画像右側上部に見えているのはシュテファン大聖堂ですね。

 

 

シェーンブルン宮殿14-1

グロリエッテから降りてきたところで目の前を馬車が通っていきました。

 

シェーンブルン宮殿15

庭園を一周して戻ってきました。

 

シェーンブルン宮殿16

クリーム色を基調とした宮殿は青い空によく映えます。

この後、宮殿内のツアーに参加しました。宮殿内は撮影禁止です。絵画や調度品が素晴らしいものばかりで、画像がないのは残念と思いましたので、写真がたくさん載っている公式ガイドブックを購入しました。

お天気に恵まれ、自然を感じながら歴史を学び、とてもよい観光になりました。

 

シェーンブルンマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください