旅行記④ 7月13日 フィッシャーマンズ・ワーフからゴールデン・ゲート・ブリッジへサイクリング サンフランシスコ

今日はフィッシャーマンズ・ワーフへ

ホテルからシャトルバスで空港へ行き、BART(電車)に乗り換えてエンバーカデロ駅へ向かいます。

昨日は行き方がよくわからずに、ホテルからのシャトルバスを国内線ターミナルで下車してしまい、空港で回り道をしてしまいました。

昨日:シャトルバス→国内線ターミナル下車→空港循環モノレール→BART駅

今日:シャトルバス→国際線ターミナル下車→BART駅

国際線ターミナルで下車すると、モノレールに乗らずにBARTへ乗ることができます。昨日の帰りにそのことに気づき、今日は時間短縮ルートの国際線ターミナルで下車しました。

 

BARTの駅に到着しました。

 

アメリカは車社会なので、電車に乗る人は多くないようです。ホームには人がまばらです。

 

しばらくすると、ダウンタウン方面行きの電車が来ました。

電車は15分間隔で出ているようです。サンフランシスコ国際空港駅は始発駅でもあり、乗車する人も多くないので確実に座れる状態でした。

 

BARTには自転車を乗せることもできます。

 

サンフランシスコ国際空港駅からエンバーカデロ駅へ

所要時間は約30分です。

 

エンバーカデロ駅からはFラインという路面電車に乗ってフィッシャーマンズ・ワーフへ行きました。

こちらはきれいな車両でしたが、Fラインには様々な車両がありました。アメリカ国内だけでなく、海外から運んできたものもあるそうで、なかには日本からきた車両もあるとか。

古い車両はレトロな感じがとてもよいです。

 

FISHERMANS WHARF(フィッシャーマンズ・ワーフ)は漁師の波止場というように、この一帯は漁港です。

周辺には博物館やショッピングモールなどがあり、様々なイベントも行われる観光地となっています。

ゴールデン・ゲート・ブリッジへも比較的近い場所にあるので、サイクリングを楽しむ人達もいます。

 

ということで、我が家も自転車を借りてゴールデン・ゲート・ブリッジまで行ってみることにしました。

フィッシャーマンズ・ワーフにはレンタサイクルのお店がいくつもあります。

自転車を借りる際は、安全ビデオを見て申込書を記入し、料金を支払います。その後、体の大きさに合わせて自転車のサイズ調整をしてもらい、ヘルメットをかぶって出発します。

フィッシャーマンズ・ワーフからゴールデン・ゲート・ブリッジまで自転車で30分弱です。

ゴールデン・ゲート・ブリッジを渡り、対岸から船でフィッシャーマンズ・ワーフまで戻ってくるコースもありますが、この日はゴールデン・ゲート・ブリッジに霧がかかっていて見晴らしが今ひとつでしたので、橋は渡らずに橋の手前で戻ってくることにしました。

 

サイクリングロードは、ほぼ一本道ですので、迷うことはないでしょう。

ゴールデン・ゲート・ブリッジが見えてきましたが、霧がかかってしまってうっすらとしか見えません。

 

だいぶ近くまで来ましたが、それでも橋の上部はお目にかかれず。

ゴールデン・ゲート・ブリッジの赤(朱)色は、このような霧の多い場所でもよく見えるように、ということも考慮されての色だそうです。

 

橋のたもとまで来ました。

対岸が見えないほど霧がかかってしまいました。いつか青空と赤い橋が見られる時に自転車で渡ってみたいです。

折り返してフィッシャーマンズ・ワーフへ戻ります。

 

のんびりと景色を眺めながら

 

途中、歩行者専用道路があります。その区間は自転車を降りて通ります。

 

アルカトラズ島が見えました。

アルカトラズ島は、昔監獄があったところです。1963年まで連邦刑務所として使用されていたそうです。

現在は一般にも公開されていて、フェリーで渡ることができます。

 

サンフランシスコの爽やかな風を受けながら短時間ではありますがサイクリングをすることができました。

 

そして、昼食はフィッシャーマンズ・ワーフ名物のこちらのお店へ

BOUDIN

BOUDIN(ボウディン)は1849年創業。サンフランシスコの老舗パン屋さんです。

サワードゥを使用した酸味のあるパンが有名です。

 

お店の前ではガラス越しにパンを作っている行程を見ることができます。カメの形のパンを作っていますね。

右側の男性はインカムで、見学している人と会話を楽しみながら実演していました。

 

こちらに来たらやっぱりクラムチャウダー

 

店内は大勢の観光客で賑わっています。

オーダー時は長い列ができていましたが、注文して受け取るまでに思ったほど時間はかかりませんでした。

 

注文後は、PICK-UPコーナーで受け取ります。

カウンター奥にはいろいろな形をしたパンが飾られていました。月替わりでパンのデザインが変わるようです。

1月はカニ、2月はハート、3月はクローバー・・・私達が訪れた7月はケーブルカーでした。

 

店内ではクラムチャウダーの缶詰やワイン、BORDINオリジナルグッズも販売しています。

 

中身をくり抜いたサワードゥブレッドの中にたっぷりのクラムチャウダー

ボリュームのあるサイズでしたので、2人で1ついただきました。

 

お腹も満たされたので、ぶらぶらと

車の屋根にカモメがちょこんと。観光客慣れしているのか、大勢の人がいてもビクともしません。

 

午後になってだいぶ人が増えてきました。

かなり混雑してきましたので、そろそろ退散することにします。

 

Fライン(路面電車)で戻ります。

帰りの路面電車がなかなか来ません。

ようやく来た、と思い 乗り込もうとしたところ、とても混雑していました。するとすぐ後ろに次の路面電車が来ていたので、1台見送って次の路面電車に乗ることにしました。

さぁ、次の路面電車が来た、と思ったら その路面電車は空いているにもかかわらず、停車せずに通過して行ってしまいました。私達以外にも待っている人がいたのに通過です。なんということでしょう。驚

停車した路面電車は見送ってはいけないのですね。勉強になりました。仕方がないので、次の路面電車が来るのを待ちました。停留所で小一時間ほど時間を費やしてしまいました。

 

サンフランシスコ・オークランド・ベイ・ブリッジ

ゴールデン・ゲート・ブリッジよりも内陸側にある橋です。海から内陸に入ってくると、橋に霧がかからずにきれいに見ることができました。

こちらはフェリービルディング付近から撮影したものです。

 

フェリービルディング

路面電車でフェリービルディング前で下車し、ショッピングモールを散策、その後エンバーカデロ駅へ向かう途中SAFEWAY(セーフウェイ)で買い物をしてホテルへ戻りました。

 

夕食はホテルの部屋で

ロブスターマックンチーズがおいしかったので記念撮影。ホテルの部屋の電子レンジで温めていただきました。本物のロブスターと本物でないロブスターが入っているようで、どっちつかずが楽しいです。

 

明日は早朝の出発、荷造りをして早めに休みます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください