アメリカで半旗が掲揚される時とは

アメリカでは国旗が掲揚されているのをよく目にします。

日本では道を歩いていて国旗を見ることはあまりありませんね。

半旗掲揚

前回のハワイに続き、今回のフロリダでも半旗が掲揚されていました。

2度も続けて半旗を見るとは。今回は何故半旗?と思い調べてみました。

アメリカで半旗が掲揚される時は、

  • 現・元 大統領の没後30日間
  • 現・元 副大統領、連邦議会議長、連邦最高裁判所長の没後10日間

など、国の要人の死去に伴って掲揚される場合や、

悲劇的な出来事が起こった時などに

  • 大統領令や連邦議会の定める法によって掲揚される

とのことです。

9.11は大統領令による半旗掲揚、真珠湾攻撃の日は連邦議会の定める法による半旗掲揚です。

今回は、ジョージ・H・W・ブッシュ(通称パパブッシュ)元大統領が、2018年11月30日に亡くなられたことによる半旗の掲揚だったようです。

元大統領の死去に伴う半旗の掲揚は30日間。11月30日~30日間ですので、年末は半旗掲揚期間でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください