搭乗券に【TSA PRE】と書かれていたら・・・ ≪TSA Pre✓≫ TSA事前審査プログラム

ホノルル空港でチェックインをした際に手渡された搭乗券に「TSA PRE」が印字されていました。

 

TSApre角度修正

係員から専用のレーンで保安検査に進むように案内がありました。

 

TSA pre✓ とは

TSAは「Transportation Security Administration」(アメリカ合衆国運輸保安庁)

2001.9.11の米国同時多発テロ後、同様の攻撃を防ぐために作られたアメリカの交通機関の安全を守るための組織です。

「TSA Pre✓」は、そのTSAから事前に承認を受けた乗客が、「保安検査時に簡易の保安検査を受けられる」というシステムです。

靴を脱いだり、ベルトを外したり、PCをカバンから出したり・・・等をせずに保安検査を受けられるものです。

簡易保安検査を受けるためにはいくつかの条件があります。

米国加盟空港

「TSA pre✓」 の加盟空港であること。

現在200以上の空港で実施されているそうです。

 

加盟航空会社

2018年10月現在で世界の54の航空会社が加盟しています。

日本の航空会社はANA(全日空)のみでした。

ANAは日本の航空会社では初めてこの「TSA Pre✓」に参加し、2017年10月から利用を開始したとのことです。

 

対象となる乗客

「TSA Pre✓」有資格者(米国市民、米国永住権所持者等)

米国国防総省関係者

その他一定の条件を満たす人が対象です。

対象者となるためにはTSAへ申請をする必要があります。(有料)

 

我が家は上記の資格者ではありません。

その他にもなんらかの条件があるのだと思います。夫は仕事でそれなりに飛行機に乗ることはありますが、それで対象になるのかというとそうではないようです。

「TSA Pre✓」はTSAが承認するものなので、航空会社がこの人は「TSA Pre✓」と決めることはできないそうです。

なぜ対象になったのか謎です。過去にTSAに何か調べられたのか・・・な。

TSAまで問い合わせる勇気はまだありません。機会がありましたら調べてみたいと思います。

通常「TSA Pre✓」資格保持者は1度取得すると5年間有効ですが、我が家の次回はどうなるのでしょうか。次のアメリカ行きまで楽しみに待とうと思います。

TSAの詳細については公式サイトでご確認下さい。

 

TSA Pre✓の保安検査内容

保安検査時の

  • ジャケット脱いで~
  • 靴脱いで~
  • PCをバッグからだして~
  • ベルト外して~
  • ポケットの中身全部出して~
  • 液体物だして~

こちらが不要になります。

 

  • ジャケット脱がず
  • 靴脱がず
  • バッグからPCを出す必要なく
  • ベルト外さず
  • ポケットの中そのまま
  • 液体物ださず

 

そして、両手を上げて全身をスキャンされる大きな円柱状の機械ではなく、

日本の保安検査場で受けるゲート型の探知機と同様の機械を通過します。

 

保安検査レーン

オーランドTSApre

こちらはオーランド空港の「TSA Pre✓」の案内板です。(ホノルル空港で写真を撮るのを忘れたようです。)

ホノルル空港もこのようにレーンの案内板がありました。

保安検査場のレーンは

  • 一般レーン
  • GOLD LANE(ファーストクラス・ビジネスクラスの乗客専用レーン)
  • TSA Pre✓レーン
の3つあります。

ホノルル空港の保安検査場はタイミングによってとても混雑します。今回も団体客が一度に押し寄せてきて長い列ができていました。並んでいる人の中には「出発時刻に間に合わないかも、どうしよう」と焦っている人もいました。

一般レーンだけでなく、ゴールドレーンも混雑していて日本の優先レーンのようにスイスイと進む状態ではありませんでした。

「TSA Pre✓」レーンもそれなりに人は並んでいましたが、列の進み方が他の2つのレーンとは違いました。上着もベルトも靴も脱がず、PCも出さずなので進みがとても速いです。

「TSA Pre✓」レーンにはアメリカ人の他、パイロットやCAなどの航空会社のクルーが並んでいました。ANAのクルーもいました。航空会社関係者は有資格者として登録しているのでしょう。

 

5月のアメリカ行(フロリダWDW)の時は『SSSS』、今回は『TSA Pre✓』

念入りな検査と簡易検査、短期間で対極にある2つの保安検査を経験することができました。

 

おとなのWDW 2018アイキャッチ搭乗券に【SSSS】がついていたら・・・ Secondary Security Screening Selection とは

 

以前ユナイテッド航空で帰国した際にも、「TSA Pre✓」を経験したことがあります。

初めての時はよくわからずに一般レーンに並んでしまいました。一般レーンはとても混雑していて、待って待ってようやく順番が来た時に、「はい、あなたはあちらへ行って」と「TSA Pre✓」レーンの先頭へ通されました。知っていれば混雑した列に並ぶことなく保安検査を受けられたのです。チェックイン時に係員から説明があったのだと思いますが、当時は「TSA Pre✓」のシステムを知らなかったため、一般レーンに並んでしまいました。

アメリカから帰国の際は、搭乗券のご確認を。

 

 

※ NH183 (ホノルル発成田行)はAir Japan運航により、TSA Pre✓対象外とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください