おいしい牛乳 東と西?

年末年始であちらこちらと出かけておりました。

そんななか、出先のスーパーでふと気になったこと

おいしい牛乳の蓋

おいしい牛乳の蓋西

あらっ、「おいしい牛乳」の蓋がいつもと違います~。

 

おいしい牛乳蓋東

こちらは自宅付近で購入したおいしい牛乳です。

 

「おいしい牛乳」の蓋って2種類あるのですね。

 

気になったついでに蓋の違いを比較してみました。

東日本バージョン?

oishiimilkeast

おいしい牛乳蓋比べ

いつも利用しているおいしい牛乳の蓋

こちらの蓋は、蓋に高さがないため指先だけでは力が入らず蓋を回して開ける時にコツがいります。

指の腹で開けるようにすると力が入って開きやすいです。

 

 

おいしい牛乳蓋比べ

外蓋を開けたら、内蓋のリングを引いて開封します。

 

おいしい牛乳蓋比べ

外蓋と内蓋

 

西日本バージョン?

おいしい牛乳の蓋西

こちらは出先(愛知県)で購入したおいしい牛乳です。石川県もこちらの蓋でした。

蓋に突起が2ヶ所あります。

 

おいしい牛乳蓋比べ

横から見たところ

 

突起があるので指に力が入りやすく、開けるのが楽です。

 

おいしい牛乳の蓋西

そして、外蓋を回すと内蓋が一緒に外れます。(これがとても便利です)

 

milkcap

開けた蓋それぞれ

境界はどこ?

 

この蓋、『赤いきつね』のように東日本と西日本で違っているのでしょうか。

どこの地域が境界か気になりますね。

 

おいしい牛乳蓋比べ

 

明治の公式サイトによると(2019年3月プレスリリース)

meijiプレスリリース

2019年4月より九州地区からこちらのキャップが展開されているようです。

徐々に北上していき、全国展開になるのでしょうね。

愛知まで来ているということは、関東上陸はまもなくでしょうか。

いつになるのか楽しみに待ちたいと思います。

oishiimilkishikawa

 

公式サイトを見ていてまた気になることが

oishiimilkeastwest

エリアによって、牛乳の量が500mlと450mlと違っていました。

 

2020年1月14日から中国・四国・九州地区で先行してキャップ付きの新容器(450ml)が発売されたそうです。

meijiプレスリリース2

その他の地区もいずれ変わっていくのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください