スーツケースに【TSA】からのお知らせ  TSA手荷物検査通知書

帰宅してスーツケースを開けようとすると、鍵をかけずに預けたはずのスーツケースに鍵がかかっていました。

おかしいな、と思いながら鍵を開けてみると中にTSAからのお知らせが入っていました。

スーツケースにカード

NOTICE OF BAGGAGE INSPECTION「手荷物検査通知書」です。

 

手荷物検査通知

乗客の安全の為にカバンを開けて検査しましたよ、というお知らせです。

荷物をX線検査した際に、判断に困るものがあるとスーツケースを開けて中を確認されます。

 

今回チェックされたであろう荷物は2つ

ワイン

丁寧にTSAのテープでしっかりと梱包して返して下さいました。

ワインです。

液体物はチェックされるのでしょうか。

 

ストラクチャー

そしてもう1つがこちらの段ボール。

こうやってみるとなんだか怪しそうな気もしますね。

 

開封確認されたものは

Xmasストラクチャー

クリスマス ストラクチャーです。

このような物がX線検査にかかったら、なんだろう?となるのでしょうね。

検査後こちらもテープで梱包していただき、無事壊れることなく持ち帰ることができました。

 

預ける荷物について

アメリカで飛行機に乗る際は、通常スーツケースに鍵をかけてはいけないそうです。

ただし、TSAロックというTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)が認めた鍵については施錠してもよいことになっています。

  • TSAロック:マスターキーで鍵を開錠して検査をされます。
  • TSAロック以外の鍵:鍵を壊して検査をされます。

TSAロックでも鍵を壊されてしまうこともあるそうです。

この検査で鍵を壊されたり、中に入っているものが無くなっても補償はないそうです。

酷い話ですが、仕方がないのですね。

 

いつも我が家は鍵をかけずにスーツケースを預けます。万が一無くなって困る物は手荷物で機内へ持ち込むようにしています。

時折スーツケースの中身が無くなった、という話を聞きます。大切なものは手荷物にした方がよいと思います。

 

アメリカ以外の国では

TSAロックはアメリカの仕様です。その他の国へ旅行する際はTSAロックの必要はありません。そしてスーツケースに鍵をかけていてもよいそうです。

 

日本でのチェックは

日本出発時はどうなっているのかな、と思い調べてみたところ、搭乗ゲート前で乗客立会いのもと再度荷物を確認する、とありました。

航空会社によっては、乗客の立会いなしで荷物を開けて危険物を取り除いた上で、航空機に搭載する場合もあるそうです。

 

この「手荷物検査通知書」、我が家は比較的お目にかかるカードです。

今回は私達が簡易検査を受けている裏で荷物は念入りにチェックされていたようです。

ハワイアイキャッチ2018画像搭乗券に【TSA PRE】と書かれていたら・・・ ≪TSA Pre✓≫ TSA事前審査プログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください